Let Go Again

f:id:keijyu0121:20171201002446p:plain

 

 この人といつも二人で来ていたBar。いつも綺麗な夜景が、今夜は雨粒で滲みながら、よりキラキラと光っている。

 

 いつも座るカウンターの端の席。いつものように彼は私の左側。年上の彼と過ごす大人の夜。

 

 でも、ここに来たのは何か月ぶり。もう二人では会ってくれなくなっていた彼からの、久しぶりのお誘い。大抵は当たってしまう私の悪い勘も、今日だけは外れる。きっと。

 

 ……でも、それはやっぱり当たっていたみたい。

 

 彼がゆっくりとグラスを傾けると、中の氷がカランと空しい音を響かせた。

 

「マスター、彼に同じものをもう一杯」

 

 グラスが空になると、この時間が終わりになるから。彼が困った顔をしたことには、気づかないふりをした。

  

 マスターが静かに彼のグラスを交換する。

 

「……伶菜?」

 

 幾度となく、そう私を呼んでくれた優しい声。あと何度、同じように呼んでくれるであろうか、その声で。

 

「なーに?」

 

 わざと、甘ったるい声を出してみる。

 

「……俺たちはもう会わない方がいい」

 

「……いやだといったら?」

 

 私は、彼の右手に自分の手を重ねた。彼は、こちらを見てはくれない。

 

「伶菜……」

 

「……私のこと、もう愛してはくれない?」

 

「愛してた、よ……」

 

 俯いた顔。彼の睫毛が瞳の下に影を作る。

 

「これからは? もうあなたの中に私はいない? これっぽっちも?」

 

 彼を困らせているのは分かっていた。それでも、彼の愛がほしかった。

 

 彼の右手が、重ねられていた私の左手をゆっくりと握る。大きくてしなやかで私よりほんの少しだけ暖かい、その彼の手に包み込まれるとき、私はいつも幸せだった。その時は彼を独り占めできたから。

 

 でも、それはほんの一瞬だった。彼の手に力が込められたとき、『伝わった』と、そう思ったのに。

 

 すぐに、私の左手はその大切な暖かさを失った。

 

 「……そろそろ、帰るよ」

 

 私の大好きなその笑顔で、簡単に終わりを告げないで。

 

 でも、その瞳の色が少しだけ苦しそうに見えるのは、私の願望なのだろうか……もう視界が滲み、それをはっきりと分かることができなくなった。

 

「伶菜? これからは伶菜だけを愛してくれる人を見つけて。幸せになって」 

 

 彼は私の頭をそっと触れると、そう呟いて、カウンターの席を立った。 

 

 閉まる扉の音が鈍い。

 

  私は、彼が残した最後の一杯を一気に飲み干した。   

 

「分かってる……分かってるけど、それができたら……こんなに……」

 

 お願い、私を一人にしないで。

 

 

 

 

 

 

***** 

 

「マスター、こんばんは」

 

「こんばんは、啓司さん」

 

「こいつ、またつぶれてんの? いつもごめんね」

 

「啓司さんこそ、いつもご苦労様です」

 

「まぁね、もう慣れてるから。ほら、伶菜、帰るぞ」

 

 頭にポンポンと心地よいリズム。聞き慣れた声。少し目を開けると、サングラスを少しずらして、呆れながらも心配そうにこちらを覗く優しい瞳がそこにあった。

 

「……お、義兄ちゃん? 迎えに来てくれたの? ありがとう」

 

 瞼が重い。

 

「おい、寝るなよ! 担いで帰る俺の身にもなれ」

 

「ふふっ。いつもごめんねー。でもさぁ……もう限界……」

 

 私は、いつも差し伸べてくれるこの手を、やっぱり大きくて暖かいけど、あの人とは違うごつごつとした男らしい手を握り、そのまま目を閉じた。

 

 悲しい一日が終わることだけを願って。

 

「おいっ! て……もう……伶菜? 伶菜?……」

 

 

 

 泣いていた私に、あの人が笑顔を向けてくれる。最後に見た苦しそうな笑顔じゃなく、目尻に皺を寄せて崩れるほどの眩しい笑顔で。『伶菜』って何度も呼んでくれるの、あの声で。

 

「お、願い……もう、一人にしないで……」

 

 涙をぬぐいながら頬を包み込んでくれる大きな手は、あの人のものなの。きっとそう。きっと……

 

「……健一郎……さん……」 

 

 だからお願い、夢なら冷めないで……その手を、その声を、あなたを独り占めさせて……

 

 

 

 

「……伶菜……幸せになってくれよ……じゃないと、俺はもう……」 

 

 ずっと夢を見ている私に、お義兄ちゃんの声は届かない。  

 

 

End

 

f:id:keijyu0121:20171123160752j:plain